読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kmjp's blog

競技プログラミング参加記です

Codeforces #290 Div1 C. Fox And Dinner

Codeforces 興味深い

面白い問題だった。
http://codeforces.com/contest/512/problem/C

問題

N匹のキツネがおり、各年齢はA[i]である。
これらのキツネを幾つかの円形のテーブルに分かれて着席させたい。

テーブルの数は任意だが、以下の2条件を満たさなければならない。

  • 各テーブルに座るキツネは3匹以上
  • テーブルで隣接するキツネの年齢の和は素数でなければならない

条件を満たす座席配置があれば、それを答えよ。

解法

隣接するキツネの年齢は、奇数と偶数でなければならない。
A[i]は2以上なので、偶数と偶数または奇数と奇数の和は4以上の偶数となり、素数となってしまう。

そこで、年齢が偶数のキツネと奇数のキツネで変則2部マッチングすることを考える。

  • sourceから年齢が偶数のキツネに容量2の辺を張る
  • 年齢が奇数のキツネからsinkに容量2の辺を張る
  • 年齢が偶数のキツネから奇数のキツネに、年齢の和が素数なら容量1の辺を張る

ここに容量Nのフローが流せればよい。
年齢が偶数のキツネは2匹の年齢が奇数のキツネにフローを流すので、テーブルに座るキツネは自然と3匹以上になる。
あとは年齢が偶数・奇数のキツネの間にフローが流れている場合、そのキツネが隣接すると考えて、元の座席配置をフローから復元すればよい。

int N;
int A[1010];

const int prime_max = 100000;
int NP,prime[100000],divp[prime_max];

void cprime() {
	for(int i=2;i<prime_max;i++) if(divp[i]==0) {
		prime[NP++]=i;
		for(int j=i;j<prime_max;j+=i) divp[j]=i;
	}
}

template<class V> class MaxFlow_dinic {
public:
	struct edge { int to,reve;V cap;};
	static const int MV = 1100;
	vector<edge> E[MV];
	int itr[MV],lev[MV];
	
	void add_edge(int x,int y,V cap) {
		E[x].push_back((edge){y,(int)E[y].size(),cap});
		E[y].push_back((edge){x,(int)E[x].size()-1,0}); // directed
	}
	
	void bfs(int cur) {
		MINUS(lev);
		queue<int> q;
		lev[cur]=0;
		q.push(cur);
		while(q.size()) {
			int v=q.front(); q.pop();
			ITR(e,E[v]) if(e->cap>0 && lev[e->to]<0) lev[e->to]=lev[v]+1, q.push(e->to);
		}
	}
	
	V dfs(int from,int to,V cf) {
		if(from==to) return cf;
		ITR(e,E[from]) if(e->cap>0 && lev[from]<lev[e->to]) {
			V f=dfs(e->to,to,min(cf,e->cap));
			if(f>0) {
				e->cap-=f;
				E[e->to][e->reve].cap += f;
				return f;
			}
		}
		return 0;
	}
	
	V maxflow(int from, int to) {
		V fl=0,tf;
		while(1) {
			bfs(from);
			if(lev[to]<0) return fl;
			ZERO(itr);
			while((tf=dfs(from,to,numeric_limits<V>::max()))>0) fl+=tf;
		}
	}
};

vector<int> EE[201];
vector<vector<int> > V;
int vis[201];

vector<int> dfs(int cur,int pre) {
	vector<int> v;
	vis[cur]=1;
	
	if(EE[cur][0]!=pre && vis[EE[cur][0]]==0) v=dfs(EE[cur][0],cur);
	else if(EE[cur][1]!=pre && vis[EE[cur][1]]==0) v=dfs(EE[cur][1],cur);
	
	v.push_back(cur);
	return v;
}

void solve() {
	int i,j,k,l,r,x,y; string s;
	
	cprime();
	cin>>N;
	FOR(i,N) cin>>A[i];
	
	MaxFlow_dinic<int> mf;
	FOR(x,N) {
		if(A[x]%2) mf.add_edge(0,1+x,2);
		if(A[x]%2==0) mf.add_edge(1+x,300,2);
	}
	FOR(x,N) FOR(y,N) if(A[x]%2 && divp[A[x]+A[y]]==A[x]+A[y]) mf.add_edge(1+x,1+y,1);
	if(mf.maxflow(0,300)!=N) return _P("Impossible\n");
	
	FOR(x,N) if(A[x]%2) {
		FOR(y,mf.E[1+x].size()) {
			int to=mf.E[1+x][y].to-1;
			if(mf.E[1+x][y].cap==0 && divp[A[x]+A[to]]==A[x]+A[to]) {
				EE[x].push_back(to);
				EE[to].push_back(x);
			}
		}
	}
	FOR(x,N) if(vis[x]==0) V.push_back(dfs(x,-1));
	
	_P("%d\n",V.size());
	FOR(i,V.size()) {
		_P("%d",V[i].size());
		FOR(j,V[i].size()) _P(" %d",V[i][j]+1);
		_P("\n");
	}
}

問題

2部マッチングと気づくと後はスルスル。
幸い本番割とスムーズにこれに気づけて、良い順位を取れた。
内容としても面白い問題でした。

広告を非表示にする